妊娠線を予防する方法

MENU

妊娠線予防・ケアには専用クリームを使おう!

妊娠線予防のためには、妊娠線ケア専用の妊娠線クリームを使うのがおすすめなのですが、ここで気になるのが「普通のオイルやクリームを使うのはダメなの?」という点です。

 

確かに、普通のオイルやクリームでも、肌はなめらかになる気がしますよね。
ですがやはり、妊娠線の予防のためには、妊娠線クリームを使うのが断然おすすめです。

 

その理由をご紹介しましょう。

 

妊娠線クリームはオールインワン!

妊娠線クリームをおすすめする大きな理由として挙げられるのが、「良質な妊娠線クリームは、保湿成分と油分のバランスがよく、さらに他にも肌に役立つ美容成分が配合されているので、これひとつで万全の肌ケアができるようになっている」ということです。

 

妊娠線クリームを使っていれば、妊娠線ケアのために、
他のスキンケア・ボディケア用品は必要としません。

 

つまり、オールインワンの役割を果たしているのです。

 

これに対して、オイルは油分だけしかありませんし、一般的なクリームも「化粧水や美容液を使ってから塗るもの」という前提になっているものが多いので、やはり油分中心で保湿成分やその他の美容成分が貧弱になりがち。

 

ですから、オールインワン的な効果はイマイチ期待できない、ということになるんですよ。

 

ニオイが気になるオイル・クリームも多い!

妊娠線クリームをおすすめする理由は、「つわりがある時でも使いやすい香りに仕上げられている」というのもありますね。

 

無香料または、妊婦に好まれる柑橘系の天然エキス由来の香り成分を使うなどして、「妊婦にとって嫌な臭い」にならないよう、工夫されています。

 

これに対して、オイルや一般的なクリームは、つわり時のことなど特に想定されない状態で製造されているため、「オイルそのものの脂臭さや、クリームに使われている香料が、つわり時にはつらく感じる」となってしまうケースも多いのです。

 

また、一般的なクリームに使われている香料は、「妊娠中には禁忌とされている種類のアロマ」に該当するケースもありますので、そういう意味では安全性にも若干の不安があると言えますね。

 

まとめると、「オイルや一般的なクリームよりも、妊娠線の特徴を研究しつくした上で、その予防対処のために厳選した成分を配合している妊娠線クリームのほうが妊娠線を予防できる可能性が高く、しかも香りについての安全性も高い」ということになりますね。

 

こうした点を考えれば、妊娠線予防をなるべく万全にしたいと思うなら、やはり妊娠線クリームを使うのが正解なのです。