妊娠線を予防する方法

MENU

妊婦の体重増の平均的な数値の範囲は?

ではまず、妊婦の体重増加の平均的な数値はどのくらいかというと・・・おおむね、7〜12キロぐらいと言われています。

 

ですがその中で「ごく標準体型の女性の、ごく普通の体重増の内訳」を見てみると、

 

〇皮下脂肪による体重増:1.5〜2キロ
〇血液量・水分量の増加・乳房や子宮が大きくなることによる体重増:3〜3.5キロ
〇胎児・胎盤・羊水などによる体重増:4キロ前後

 

という形になっており、これらを合計した8〜9キロというのがもっとも妥当な体重増加だと言えるでしょう。

 

これに個人差の要素をプラスすると、7〜12キロの体重増が平均的な範囲の数値、となるのです。

 

 

元から太っている人が12キロ太るのは危険信号!?

 

妊娠による平均的な体重増の範囲が、個人差も加味して7〜12キロ程度といっても、この範囲内におさまればOK、というわけではありません。

 

実はこの「体重増の許容範囲」というのは、妊娠前にやせていたか太っていたか、それによっても違ってきます。
これこそが「加味すべき個人差」です。

 

まず、妊娠前にやせていた人は、皮下脂肪の量が少ないわけですから、妊娠時は多少多めの蓄えが必要になる、と考えれば、10キロ増ぐらいなら問題ありませんし、この平均範囲の上限である「12キロ増」となっても、まあ何とか許容範囲と言えます。

 

ですが、妊娠前に太っていた人の場合、元からの皮下脂肪が多いので、妊娠でさらにそれを増やす必要はほとんどなく、むしろ増やしすぎると健康リスクが増える、と言えます。

 

ですから、妊娠前に太っていた人の場合、平均範囲の上限である「12キロ増」は太りすぎ、増えすぎの状態であると言えます。できることなら7〜8キロ程度の体重増にとどめるのが望ましい、と言えるでしょう。

 

つまりまとめると、

 

〇妊娠前にやせていた人:10キロ増OK、さらにそれを少々超えても許容範囲
〇妊娠前は標準体型の人:8〜9キロ増が望ましい、それを超えたとしてもなるべく10キロ増までに抑える
〇妊娠時は太っていた人:7〜8キロ増までに抑えておくのが望ましい

 

というわけですね。

妊婦の体重増加、どのくらいならOK!?関連ページ

要注意!妊娠中のこんな時に体重は急増する
母体と赤ちゃんの健康を守るため、そして「太りすぎによる妊娠線発生リスク」を避けるためにも、妊娠中の体重管理がとても大切になってきます。 そのために知っておきたいのが、「妊娠中のどんな時期・どんな状況の時に体重が増えやすいか」ということです。