妊娠線を予防する方法

MENU

妊娠線だけではない!妊婦が太りすぎることのリスク

妊娠中は、通常時よりも体重が増えてしまうのは当たり前、どころか「赤ちゃんがおなかの中で育つ以上、体重が以前のままだったら困る」ということになるのですが、だからといって、妊婦と言えど、太りすぎてしまうことにはさまざまな問題があります。

 

「妊婦が太りすぎると、皮下脂肪が増えておなかの張りもひどくなるので妊娠線ができやすくなる」ということは結構知られていることですが、妊婦が太りすぎることによるリスクは、それだけではないんですよ。

 

妊婦の太りすぎは、大きな健康リスクをもたらしてしまうのです。

 

 

妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病になりやすい!

 

妊婦が太りすぎることによる健康リスクとしてまず挙げられるのが、「妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になりやすくなる」ということです。

 

まず、妊娠高血圧症候群のリスクが上がる理由についてですが、これは「太りすぎによる心臓への負担増」「血中の中性脂肪やコレステロール増加によるドロドロ血現象」などが挙げられます。

 

次に、妊娠糖尿病のリスクが上がる理由についてですが、これは「太りすぎると、血糖値を下げるために不可欠なインスリンの働きを阻害する力が増大してしまう」というのが挙げられます。

 

 

難産のリスクも高まる!

 

妊婦が太りすぎると、出産の際に赤ちゃんが通る産道にも脂肪がたっぷりとついてしまい、赤ちゃんが産道を通りにくくなるため、難産のリスクが高まってしまいます。

 

そのため、分娩の際に吸引分娩や帝王切開になる可能性も出てきます。

 

「別に帝王切開でも、無事に生まれればいいじゃん」と思われるかもしれませんが、太り過ぎた状態では、帝王切開の際の麻酔が難しくなるというリスクもありますよ。

 

 

腰痛

 

妊娠中というのは、太り過ぎではなく正常範囲内の体重増であっても「これまでよりも腰にかかる上半身の重みが強まる」「おなかがせり出すことによって、姿勢が変化してしまう」などといった理由で腰痛がひどくなりやすいものですが、太りすぎてしまうと、この腰痛がさらにひどくなってしまいます。

 

そして腰痛がひどくなり、「少しの間立っているのさえつらい」という状態にまでなると、ほとんど動かなくなってしまうので、ますます太ってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

 

 

太りすぎてしまった方の全てがこのような状況に陥るわけではありませんが、自分自身と胎児のためには、やはり危険と思われることは避けておくべきでしょう。

妊娠中の体重管理の重要性とは記事一覧

 

ではまず、妊婦の体重増加の平均的な数値はどのくらいかというと・・・おおむね、7〜12キロぐらいと言われています。ですがその中で「ごく標準体型の女性の、ごく普通の体重増の内訳」を見てみると、〇皮下脂肪による体重増:1.5〜2キロ〇血液量・水分量の増加・乳房や子宮が大きくなることによる体重増:3〜3.5キロ〇胎児・胎盤・羊水などによる体重増:4キロ前後という形になっており、これらを合計した8〜9キロと...

 
 

妊娠初期は、つわりのない人が食べすぎやすい!?妊娠4ヵ月までの妊娠初期は、つわりの影響で食欲が失せてしまう人が多いのですが、中には「まるでつわりなし、食事をおいしく食べられる」という人もいます。それはそれでいいことなのですが、「つわりがない+妊娠したことによる喜び」で、食べすぎてしまう人が多いのも事実。「妊娠初期の体重は、増えた分はほぼ脂肪」という状態であるため、体重は「妊娠前とさほど変わらないレ...