妊娠線を予防する方法

MENU

妊娠線ができる理由

妊娠線ができる理由としてまず挙げられるのが、「妊娠中期から後期にかけて、物理的におなかが急激に大きくなるから」というのがあります。

 

妊娠中期から後期にかけては、おなかの中の赤ちゃんが大きく成長するだけでなく、妊婦の脂肪も増加することにより、おなかはまるで、パンパンに張った風船のようになってしまいます。

 

そして、当たり前の話ですが、人間の皮膚は風船のゴムほどには伸びません。
急速に大きくなるおなかの引っ張り度アップのスピードに、皮膚の真皮層やその下にある皮下組織が耐えられず、裂け目ができてしまう・・・これが妊娠線となってしまうのです。

 

また、妊娠中はホルモンバランスも変化しますが、その中で「コルチコレステロイド」というホルモンが増加する、というのもまた、妊娠線発生の理由として挙げられます。

 

コルチコレステロイドは「コラーゲンの生成を抑制し、肌の新陳代謝を衰えさせて弾力を奪ってしまう」という作用を持っているため、これが増えるだけでも肌にとっては大ダメージとなるのです。

 

妊娠線ができやすい人のタイプ

というわけで、妊娠線は「物理的なおなかの張りと、ホルモンバランスの変化によって引き起こされる」ということになるのですが、そんな妊娠線も、できにくい人とできやすい人とがいます。

 

妊娠線ができやすい人の筆頭格として挙げられるのは、乾燥肌の人です。

 

乾燥肌の人は「最初から肌がカサカサして弾力を失っている」という状態なのですが、その上さらに、妊娠中にコルチコレステロイドが増加するとますます弾力を失うことになり、おなかの張りに耐えられなくなるのです。

 

また、「日ごろから運動不足で、元から皮下脂肪が厚い人」も、妊娠線ができやすいですね。
真皮層の下にある皮下組織の大部分は皮下脂肪でできており、皮下脂肪自体は伸縮力が弱いため、皮下脂肪が多ければ多いほど「伸びにくいモノが多い」という状態になり、これまた妊娠線ができやすくなるのです。

 

さらに「妊娠中の体重増加が平均よりも上」という人や、「双子や三つ子などの多胎妊娠をしている」という人も、おなかの張りが通常よりも大きくなるため、妊娠線ができやすくなります。

妊娠線はどうしてできるの?記事一覧

 

では、おなか以外で妊娠線ができやすいところをご紹介しましょう。まず、上半身の中で特に妊娠線ができやすい部分として挙げられるのは、胸です。妊娠中はおなかが大きくなるだけでなく、乳腺が張ることによって胸も急激に大きくなるので、妊娠線ができやすくなるわけですね。そして意外なことに、脇の下にも妊娠線ができやすくなります。胸の張りと重み増加によって、脇の下の皮膚も引っ張られてしまうのです。また、二の腕も妊娠...